読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストミキコの店長奮闘記

リラクゼーションチェーン店で店長になった私の日記


施術には、自分自身の全てが表れる。だから日常生活こそ丁寧に。

映画『ベストキッド』に、ジャッキーチェンのこんなセリフがありました。

 

「カンフーはあらゆる動きの中にある。ジャケットをどうやって着るか脱ぐか。人にどうやって接するか。全てがカンフーだ。」

 

ベスト・キッド (字幕版)

 

このカンフーの部分を施術と置き換えても、しっくりきます。

 

「施術はあらゆる動きの中にある。ジャケットをどうやって着るか脱ぐか。人にどうやって接するか。全てが施術だ。」とね(笑)

 

雑な性格が施術に出る

 

昔働いていた店で、店長に注意をされた言葉です。

私はけっこう雑な性格で、ドアをばタンと閉めたり、バタバタと店を歩いたりしていました。

 

施術中だけ、上手く丁寧にやろうと思っても、ふと気を抜いた瞬間に雑さが出ていたらしく

「日常生活の全てが施術に出るの。雑さが出てるから、普段から注意しなさい。」と言われました。

 

普段の生活も施術につながってる

 

まだまだ雑でルーズなところのある私ですが

・物を丁寧に扱う

・人に対しても真摯に接する

という事を意識していきたいと思っています。

 

物に溢れた生活をしていると、どうしても物を乱雑に扱ってしまうので今は物を少なくして暮らしています。

 

施術中だけ丁寧に見せるのではなく、丁寧の延長に施術があれば良いですよね。

 

きょうはこの辺で。