セラピストミキコの開業までの道

春までに女性専用のサロンをつくります

まずは自分の身体を知って慈しむ事から~現代魔女の保険体育~

以前紹介した「ふんどしパンツ」を作っていて、すでに仲の良い友人であるさおりちゃん。

 

mikikotherapy.hatenadiary.jp

 

彼女が主催する『現代魔女の保健体育』の授業を受けてきました~。

 

こういう事を書くと、「下ネタは苦手」、とか「そういう相手がいない」とか、「もう年齢的に関係ない」とか思う人もいるのはよ~く分かっています。

 

私も、半年前くらいまでは性に対して強いブロックがかっていたので。

 

でもね、相手がいるいないに関わらず、自分の身体を知って慈しむ事はとっっっても大事!!

 

ここをすっ飛ばして他人に愛される事ばかり願っていても駄目なの。まずは自分なのよ!!!

目次

 

 

月経には自然と繋がる大きな力

 

月経、すなわち生理。20代の頃は生理痛がかなり酷くて、自分が女性であることを本当に呪っていました。

 

特に、就職活動をしていた22歳の頃。

何度も学校から帰る途中の電車の中で倒れて駅の病人用のベッドで休ませてもらったり。

面接する会社のトイレでフラフラになりながら、痛み止めの座薬を入れたり。(飲み薬では痛みの度合いが酷すぎて間に合わなかったのです)

痛すぎて吐くほどに酷かったのです。

 

あれから15年。今は随分と生理が楽になりました。

生理があることで、身体をデトックスしてくれているんだと感謝し、普段と違えば、原因をさぐる事。そして自分を振り返っていたわるきっかけになります。

 

閉経によって生理が終っても、月経に廻っていたエネルギーが蓄積され、ますます女性は元気になるそうです。

 

自分の身体を知る事

 

それから、『ちつトレ』の話になりました。膣は、身体で唯一触れる臓器とのこと。

膣トレは、骨盤底筋を引き上げたり締めたりするトレーニングです。

 

このトレーニングの目的は色々あるのですが、私は「自分の身体を自分の意思によって動かせる部分を増やす事」にあると思うんです。

 

私もたまに膣トレをやるのですが、締めるという感覚がまだイマイチつかめていません。

足の指もそうですが、自由に足指が動かせる人の方が健康で生き生きしている場合が多いんです。

 

それから『ちつマッサージ』。これは、自分の膣に指を入れて壁をマッサージしていきます。

さおりさんが、タオルを女性器に見立てて説明してくれました。

 

これからの私の仕事

 

講座を受けて、私はこういう内容を来てくれたお客様に伝えていきたいと感じました。

 

セラピストは人を治せない。それに軽く絶望を感じながら仕事をしている事が多かったのだけれども。

もっともっと女性が楽しくイキイキを暮らせる様に。

私自身が説得力を増す様にまずは魅力的でありたいと思います。そして、施術をするだけでなく、良い影響を与えられるような人になりたいです。

 

そんな事を今は考えてワクワクしています(*^-^*)

 

6畳の和室を漆喰壁に塗り替え

3日間で6畳の和室の古い壁を漆喰壁に塗り替えました!!

 

目次

 

ビフォー

薄暗い部屋です

 

壁は所々ひび割れ。よく見るとキラキラしたものが入っている昭和の時代に流行った繊維壁です。

 

やり方

①壁がボロボロ落ちてこないか、箒で掃って綺麗にします。少し落ちてくるくらいならOKとのこと。

写真は、お義父さん(旦那の父)。サロンのリノベをメインで手伝ってもらっています。

 

②床の養生

ビニールシートやコメの袋、新聞紙を敷きました。畳はどうせ捨てるので、ザっとで。

 

③マスキングテープで養生

漆喰の場合は2ミリほど壁から離してマスキングテープを貼ります。じゃないと、剥がした時に漆喰もボロボロととれてしまうからです。

 

 新聞紙も使い、上手く養生する父。

 

③漆喰を用意

ホームセンターで売っていた「漆喰うま~くヌレール」です。

 粉ではなく、そのまま塗れるようになっています。1つでは足りなかったので、18キロを2つ買いました。

 

②漆喰を塗ります。

この漆喰は、繊維壁の場合は下地がいらずに直接塗れます。少し塗ったら、塗り途中でこの日は終了。

コテとコテ板を使用。

 

 

後日、長野で一緒にDIYをしたフレンズ達が駆けつけてくれて・・・。

 

 

遠方の仲間からは、現場おやつが届いたり・・・。和気あいあいと、作業がすすみました。

 

完成

 

なんということでしょう!!

 あのボロボロだった壁が気持ちの良い漆喰壁に。

 

もう一度ビフォー

 

よく見るとね、端の方はガタガタしてるんだけど。

塗りむらなども含めて、味ってもんなんですよ。

 

2度塗りすると説明書に書いてありましたが、漆喰うま~くヌレールの会社に聞いたら、必ずしも2回塗らなくても綺麗なら良いと言われたので、一度塗りして終了しました。

 

 

 

かかった日数 3日

かかった金額 3万円弱(コテやコテ板を人数分買ったので)

出会こそ人生の宝さがし

1月の末に、長野県の下諏訪まで、2泊3日でリノベーションツアーに参加してきました。

 

参加者は女性5人。

諏訪大社の前でパチリ。

 

日常を離れて沢山の人と交流した3日間でした。

出会いについて、人間関係について改めて考えた3日間だったので、旅記事ではありませんがどーぞ☆

 

チャンスは人が運んでくる

 

ミニマリズムの考え方の中には、あまり沢山の人と関わると身近な人との関係が疎かになるから、あえて交友を広げないようにするという考えを持っている人もいるかと思います。

 

でもね、チャンスって人が運んでくるんですよ。

起業をしようと思った時に、物件がすぐ見つかったのも、今回のツアーに参加出来た事も、サロンの床張りも全部。

勿論アンテナは立てていたのですが、血眼で探した訳ではありません。人から教えてもらって、私はそれに乗っかっただけなんです。

 

いつどこから、誰の口からチャンスが迷い込むか分からないので。

『容量があるから人間関係を制限しなきゃ。』なんてセコイ事言ってないで、いろんな人と会ったり話したりしたいです。

 

人が離れる時は、断捨離しようなんて思わなくても、勝手に離れるし離れざるを得ない気持ちや環境になっていくのだから。

 

 一次情報を手に入れろ 

 

ネットで見た誰かからの情報と、自分がその場へ行って感じた事が全然違う場合があると、今回のツアーですごく感じました。

 

ツアーの様子をブログに書いてくれたA1理論さん

下諏訪『ホシスメバ』リノベツアー第3弾1日目!参加者の女子5人で漆喰(しっくい)塗りの下準備をしたよ!! - A1理論はミニマリスト

 

リノベを温かく見守ってくださった現地のひらやまさん

またまたリノベツアー体験(笑) - macaron7484の日記

 

同じ場所にいたのに、目線が全然違って(笑)

リノベツアー中の2日目の夜に、「私達は5人共同じ空間にいながらも、見ている世界が全然違うんだよ。」と参加者の1人の女の子が言っていました。

 

その子は、情報社会では気になった事は鵜呑みにするのではなく、一次情報をとりにいくべき。ツイッターも同じ意見の人ばかりで固めるのではなく、アンチもフォローすべき。そして、誰かの信者になる事は危険だ。

 

という話を、私は興味深いなぁなんて思いながら聞いていたんです。

親和性が高い人ばかりでいると、どうしてもその人達の意見が正しい様な錯覚に陥ってしまうのだけれども。

人についての噂も含めて、自分で確認するまでは鵜呑みにすべきではないなぁと感じています。

 

ちなみに、2月末のリノベツアーに参加したい人はまだ間に合います。

体験プラン|【2月23日金)新宿発モニターツアー】ReBuildingCenterJAPAN東野さんに学ぶホシスメバリノベーションツアー

 

人間関係を広げていく

 

以前までは、一人になる事が怖くて、会社も含めてSNS上でも家族でも、なにかのコミュニティに常に属していて守られていたいという気持ちがとても強かったです。

 

それよりも今は個の人間として、人と出会い、話し、ゆるい人間関係を広げていきたいと思っています。

 

明日は、下諏訪でリノベツアーに参加した女性2人が、私のサロンの壁塗りに手伝いに来てくれます。

彼女達も、下諏訪で覚えた漆喰塗りをやりたいそうですし、私も塗り方を説明しなくても出来る手伝いが欲しい。

来てくれるお礼に近所の蔵をリノベした自然食カフェに連れて行きます。

絶対に喜んでもらえそうだと今からワクワクしています(笑)

 

ゆるく人間関係を広げていれば、何かやる時にお互いにとってWIN=WINな関係で物事を進める事が出来る人が集めやすいかも。

なんて、ちょっと考えてはいます。

 

良い出会いも、すれ違ってしまった人も、長く続く人も、疎遠になった人も、、生きていればいろんな事がありますが、まずは出会わないと0ですもんね。

 

まさに、出会いこそ人生の宝さがしだなぁと感じています。

【募集】杉板の床張りを学びたい方

募集終了しました。

 

只今、サロンのリノベーションをしております。

 

そこで、畳の和室を無垢フローリング(杉)に変えます。もし、床張りを学びたい方がいれば一緒に床張りをしましょう。

 

 

日時、場所など

 

・日時 2月18日(日曜日)時間は未定ですが、午前中から始める予定です。

・場所 静岡県沼津市 駅から徒歩13分くらいです。詳しい場所は、応募があった際にお知らせします。

・参加費 無料 沼津までの交通費や当日の食事などはご負担下さい。

・募集人数 1人~2人

 

教えてくれる方

 

きらめき間伐というNPO法人を運営している大西さんです。

 

森を守る活動をされている方です。

NPO法人 森の蘇り:私の森ネットワーク|私の森.jp 〜森と暮らしと心をつなぐ〜

 

こんな方に来てもらいたい

 

私を手伝いたいというよりも、床張りを積極的に学びたいという方。年齢、男女は問いません。

 

開業予定で自分でリノベしたいとか、自分の家を自分でリフォームしたいとか。その為に床張りを覚えたい人。

 

手伝いたいだけで、遠くから来てもらうのは申し訳ないですし、それならば地元の人に手伝ってもらった方が私も気が楽です。

 

折角、床張りを教えてもらえるので、是非学びたい人に来て欲しいなと思います。

 

私と参加者がWIN=WINの関係で作業をしたいです。

 

もし、該当者がいなくても、近くに手伝ってくれる人はいるので大丈夫ですよ。

 

参加したい人は、私のツイッターのDMか、メールmikifuufu2@gmail.comに連絡をください。

感謝の気持ちを持って施術したい

先日、施術を習いに行きました。

サロンでは、オイルマッサージをやります。

 

今私がやっているのは、服の上からのもみほぐしで、昔にオイルマッサージは少しやった事があるので復習と、

 

それから、新しい技術も学びたいという目的も兼ねて。

 

マインドの差がで打ちひしれる

 

講習を受ける前は「まぁ、私も身体を触る事は慣れているし大丈夫だろう。」と思っていたのですが、

 

実際に講習を終えて、先生と私の実力の差を見せつけられて、超撃沈しました。

 

それが、技術そのものというよりも、マインドの差。「お客様の身体を触らせていただいている。」という気持ち。

 

先生が施術をしている様は、何て言うのかな。

仏様みたいな感じだったんです。

 

実際に、施術を受けてる時は分からなかったけど。

 

それを見た時に、悔しさで打ちひしがれて。頭を抱えたくなりました(笑)

でも、(そんな素晴らしい施術を見せてくれて有難うございます)と感謝の気持ちも同時に湧いてきました。

 

日々の仕事で忘れてしまった事

 

仕事を始めた頃の事を思い出しました。

この世界へは「リフレクソロジー」いわゆる足裏のマッサージがやりたくて入りました。

私、人の足裏を触るのがけっこう好きなんですよ。足の形って可愛くないですか?(笑)

習った時は「お客様の足を触らせていただいてる」と感謝の気持ちを込めて施術をしていたと思います。

 

ところが、今はもみほぐしがメインの仕事に替わり、1日5人とか施術に入っていると、どうしても流れ作業の様な感じになってしまって。

 

身体を触るというよりも、何か無機質なものを触っているという感覚になってくるのです。

 

施術に我が入る

 

あとは、会社では「指名ランキング」の様なものがあって。

全店の指名が多い人が毎月、プリントされて貼られるんです。まぁ、だいたい私は入っているのですが(爆)

 

だからあまり気にしてなかったんだけど。

この制度自体、あまりよくないなと思いました。なんか、人と競うものでもないのに、心のどこかで競ってしまうのです。

 

身体との対話というよりも、「私、うまいと思われたい。」みたいな我が入る。

 

感謝する事、学び続ける事

 

感謝って自然に出てくるものであり、感謝しようと思って出来るものでもないけれど。

 

でも本当に、感謝の気持ちは忘れない様にしたいです。特に、自分の店に来てくれた人には。

 

ボディセラピストという仕事は、自分で自分の施術が出来ないから、迷路にハマります。良いのか悪いのか、人の反応をみるしかない。

 

私は井の中の蛙で、自分の世界で安心して慢心しては後退していってしまうと痛感しました。

 

少し焦っているし、他にやる事も多いけれども。でも、この気持ちを忘れない様にしたいです。

一度履いたらもう戻れない!!『ふんどしパンツ』を一週間履いた感想

買った下着の写真を出す人はあまりいないと思いますが・・・・。

 

最近購入した、締め付けない下着『ふんどしパンツ』があまりにも可愛く、ビジュアル的にもエロくないので載せちゃいます。

 

ジャーン!!

ふんどしパンツという名前が勿体ない程、可愛いでしょ。

 

この下着は静岡の三島に店があるWicca's UNDEAWEARさんのモノです。

 

wiccasunderwear.stores.jp

目次

 

履いた初日の感想

 

履く前は、絶対にアンダーヘアーがはみ出る・・・と思っていたのですがそれは大丈夫でした。私、何も処理していない人なのでね(笑)

wicca'sさんのパンフレット。かなり際どくないですか??

 

ちなみに、このパンフレットの子は静岡の劇団員SPACの子らしいです。

 

で、履いた感想初日は「かなりスース―して落ち着かない!!」と思いました。

 

これはアレだな。とひらめき、旦那に質問しました。

 

「ねぇ、中学生の頃さぁ、ブリーフからトランクスに変えた時はどんな気持ちだった?」と。

そしたら、「覚えてねーよ。」と返されました(笑)

 

でも、多分そんな感じだと思うんですよ!

 

温まる身体

 

そんなこんなで布団に入ったのですが、太ももを締め付けていない分、血流が良くなったのか、身体が凄く温かくなりました。

 

一時期、ノーパン健康法という(パンツを履かずに寝る)ものが流行りました。おそらく、締め付けない下着はノーパン健康法と全く同じ効果があるのだと思います。

 

そして、次の日、ふんどしパンツで一日過ごしていたのですが、ほとんど下着を付けている事を忘れるくらい快適!!

 

トイレに行く度に気付いたのは、「いつもお尻が冷たいのに、冷えていない!!」と。

 

布の面積が少なくなったのに、締め付けないだけで違うんだなぁと感動でした。鼠径部のリンパを今まで如何に締め付けていたのか痛感しましたよ。。

 

もう普通のパンツに戻れない

 

今回は2枚買っただけだったので、2日間履き終わった後、また普通の下着を履いた訳ですよ。

 

そしたら履いた瞬間に「苦しい!!」と思ってしまったのです。

 

とりあえず、その日は普通のパンツで我慢しましたが、即効で洗濯しました。このパンツはエアコンの下で乾かすと15分くらいで乾くのです!!

 

最低4枚は必要なので、また購入しようと思います♡

 

素材について

 

以前もふんどしパンツが気になって、調べていた頃がありました。

その時は、絹のものが主流で、洗濯が手洗いである事と、値段が下着にかける金額にしては高すぎる、安い物は可愛くないという理由で購入には至りませんでした。

 

このWicca's UNDEAWEARさんの下着は、麻で出来ており洗濯機Okで、洗えば洗うほど強くなるそうです。

 

そして、スーパー天然素材。粘膜からは、普通の皮膚の何倍もの毒性が吸収されるので、この素材は絶対にお勧めです。

 

この下着をつけたり、膣マッサージをしたり・・・。私、本当に生まれ変わるんじゃないかしら(笑)なんて思っています。

 

 

 

2万円で物件を借りられた理由

今週末、壁塗りや床張りを学ぶ為にリノベーションツアーに参加してきます。

 

なんか、9月に「自分の店を持つ!!」と決意してから、追い風がビュンビュン吹いている感じがあります。

 

今日は、何故2万円で物件が借りられたかを書いてみます。

目次

 

(店の前の浅間神社

本気で借りるとは思われていなかった

 

店をやりたいと考えた時に、はじめはアパートのワンルームを借りてやろうと思ったのです。

そこで、施術に来た不動産を持ってるお客様(今の大家さん)に相談したんです。

 

「私、店を借りたいんですけど、3万円くらいのワンルームで駅から近い場所にあって・・・。」と。

 

そしたら「店舗として借りるなら6万円くらいかかるよ。あと、アパートだと商売をしては駄目な物件がほとんどだし・・・。」とかなり困惑されていたのです。

 

そして、ふと思い立った様に

「さっき、空きビルの2階を整理していたんだけど、そこの3階なら2万で貸すよ。」とまさか、3階で商売をやる訳がないと言う口振りで言われました。

 

そして、その部屋自体が30年間人が住んでおらず、メンテナンスが必要な事。

いくら安くても私が気に入る可能性は極めて低いと言われました。

 

それでもピンと来た

 

3階だから、道行くお客様を呼び込めない事も言われました。

 

だけれども、私のサロンにとって3階はかえって好都合。人が急に入ってくる恐れもないから、お客様も私も施術に集中出来る。

 

そして、私の家と駅までの中間に物件があり、駅から歩いて12分くらい。

少し離れてるけど、商店街をずっと通ってくれば退屈しないで歩ける距離。

 

何より大きかったのは、神社が目の前にある事。

 

子宮委員長のはるちゃんの本によれば、女性の子宮は神社であるという。

 

願いはすべて、子宮が叶える  〜引き寄せ体質をつくる子宮メソッド〜

願いはすべて、子宮が叶える 〜引き寄せ体質をつくる子宮メソッド〜

 

 

私のサロンの内容と、神社がすごく共鳴しているというか・・・。サロンに来たお客様にも、施術後は神社に参拝に行ってもらえるし。絶対に良い!!と。

 

そして、内装も好きに変えていいと言われました。もう、物件を見る前から心はかなり決まっていました。

 

チャンスは一見分からない

 

「物件を2万円で借りれる。」なんて言うと、「意外にやり手だね~。」なんて言われる事があります。

 

だけれども、断言して言える事は、2万円で私の借りる物件を借りようと思う人は10人に1人いるかいないかです。

 

大家さんは、私の今の店でのお客様ですが、私だから2万円で貸してくれている訳ではありません。

 

元々、2階を3万円、3階を2万円で貸して計5万円の固定資産税の支払いに充てようと思っていたようです。

 

物を見る目を養う事

 

実際はパッと見「こんなところを借りる人はいないだろう・・・。」と殆どの人が思う様な物件。

 

実はそういう場所が、日本全国にゴロゴロあるのではないかと感じています。

 

私は、ここ2年くらい、ブログ仲間と空き施設をリノベーションした場所を沢山訪れて、古いものが素晴らしい事に気付きつつありました。

だからこそ、ここを借りる決意が出来ました。

 

固定費さえ下げれれば、もっと自分の好きな商売が出来る可能性に満ち溢れているんですよ。

 

私がラッキーだった訳じゃない。

 

だから、冒頭の『2万円で物件を借りられた理由』は、『探せば誰でも借りられる』です。

それは、一見、誰も借りない物件が多いんです。だからチャンスなんです。

 

 

 

さてさて、週末にみっちりリノベーションを習ってきて、2月は本格的に店作りに取り組みます。