セラピストミキコの開業までの道

春までに女性専用のサロンをつくります

『ちつのトリセツ』会陰マッサージは全ての女性がすべきもの。

「潤うからだ」という本を以前紹介しましたが、今回は『ちつのトリセツ』という本を紹介します。

 

『潤うからだ』女性の身体のDEEPな話をしようと思う - セラピストミキコの開業までの道

ちつとは膣の事です。

 

 

なお、表紙の注意に

明るく、まじめにご利用ください。男性のお客様は、間違った期待をなさらないでください。

 とのことなので、よろしく!!

 

目次

 

 

会陰マッサージは全女性がするべき

 

たつのゆりこさんという助産婦さんの指導に沿って、作者の原田純さんが会陰マッサージや膣トレなどをやっていく内容です。

 

原田純さんは、なんと60歳近く、もうセックスをする予定も相手もいないので、指導内容をなかなか受け入れられません。

 

その様子が私はすごく共感出来ました。

 

日本では、会陰マッサージは妊婦さんだけのものという印象が強いです。

 

けれども、膣が老化すると・・・・・。尿漏れや痔、便秘などにも影響してくるとの事。

 

原田さんは、セルフケアを実践して

冷え性改善、便秘解消、子宮下垂が改善、巻き爪まで治ったそうです!!

 

私の場合

 

去年の6月、子宮頸がん検診で、私は再検査になってたんですよ。

 

クラス3という結果。クラス1、2が正常で、クラス3がグレーゾーン。

 

異形成細胞がみつかっていたのです。

 

この前、もう一度検査してもらったら、クラス1になってました。おりものも綺麗になっているとの事。

 

さらに、2年前には胸に嚢胞があって、その中には水が入っていました。それも先日の検査ではなくなっていました。

 

お~!!と嬉しかったです。私の進む道は間違ってないんだ、と感じてます。

 

ここ半年くらい、膣ケアをしたり、性について意識改革をしてきました。

今までは、下ネタとか苦手でしたし、性欲なんてないのよ、みたいな顔して生きている事が上品だと思っていました。

 

だから、昔から卵巣嚢腫になったり、婦人系の病気をよく抱えていたのかもしれません。

 

自分の心を見て見ない振りをしていると、きっとどこかに不調がくるのでしょう。

 

今、半年前の私とは、体の細胞が全く新しくなった気がしています。考えも発信内容も変っているので、混乱している人もいるかと思います。

 

そういう方は離れても大丈夫ですよ。

 

夫婦のこと

 

私達夫婦も全然しないんですが、この前旦那に

「いつかしたいね❤」と軽く言ってみました。

 

旦那も「え!」って感じでしたが、ニコニコしていました。まぁ、でも長年ないので、いつかは来ないかもしれませんが(笑)

 

最近は、旦那と一段と仲良く家で歌ったり踊ったりしています。

 

夫婦であると、周りから期待されたり、理想の夫婦像にあてはめて苦しくなる事もあります。

 

でもまぁ、いろんな夫婦の形があってもいいですよね。

 

旦那に「来世は私の息子として生まれてきてよ。」と言ったら、「分からない。」と返されました(笑)

 

 

ちつのトリセツ 劣化はとまる

ちつのトリセツ 劣化はとまる

 

 

 

 

トイレのタイル補修

今日は、サロンのトイレのタイル補修をしました。

 

30年間使われていなかったトイレなので、壁のタイルにヒビが入っています。

 

目次

 

 

タイル補修

 

 

こんな感じ。白いのは結露による水垢の様ですが、なかなかとれません(汗)

 

使うのはこちら。

浴室タイル用セメダイン バスコークNです。タイルの色に合わせて黒を注文。

 

セメダイン キッチン配管 防水シール バスコークN 50ml 白 HJ-146

セメダイン キッチン配管 防水シール バスコークN 50ml 白 HJ-146

 

 

付属のマスキングテープをヒビの周りに貼ります。

 

貼り方が雑ですが(笑)

 

こんな感じで埋める。

 

そして、マスキングテープを外すと・・・・。

 

 

こんな感じでヒビが埋まりました。そんなに綺麗じゃないけどね・・・。ヒビよりは目立たない。

 

 

目地補修

 

続いて、床の目地(タイルとタイルの間の白いやつ)がはがれていたので、こちらも補修しました。

 

ビフォー

床です。

 

使ったのはこちら

目地材。東急ハンズで購入。

 

これ、めちゃくちゃ難しかったです。粉を自分で水を入れて練るのですが、硬さが全然分からない。

 

そして、目地材を溝に入れた後にタイルを拭きあげるのですが、一緒に目地材まで拭き取ってしまう・・・。

 

アフター

綺麗な所は、こんな感じで出来上がったのですが、練った後に水を加えたので、恐らく固まってない気がします。

 

使わずに残った目地も、固まらずにボロボロになってましたし。

 

次にやり直す時は、ヒビ埋めに使ったバスコークNの白を注文して目地補修しようかな。

 

古いトイレは素敵

 

トイレの掃除を頑張っていると、トイレに愛着が出てきます。

もぅ、トイレにキスしたいくらい(笑)

 

初め見た時は、汚くて古いトイレの印象しかなかったんですけどね。

 

 

床と、壁の下半分はタイルになっています。

 

昔のタイル職人さんが、一枚一枚丁寧にタイルを張ってるんですよ。

今は、ほとんどタイルシートじゃないですか?

 

古いモノはカッコいいんです!!本物で素材がいいの。

 

そんな訳で、店作りを頑張ります。

 

 

 

 

割り勘にみる仲間論

私のお客様であり、サロンの物件を貸してくださるKさん。50代後半の男性。

 

いくつもの不動産をもっており、時間もお金もゆとりがあります。一昨日の土曜日の会話。

 

私「Kさんは、時間にもお金にも縛られずに理想的な生活をされてますよね。」

 

Kさん「まぁ、そうだね。でも、時間とお金だけでは人は幸せになれないんだよ。仲間がいなきゃ幸せじゃない。」

 

家族もいて時間もお金もあるKさんの口から、仲間というワードが出た事に軽い衝撃をうけました。

 

そして、仲間というのは対等でなきゃ関係が続かないとも。

 

割り勘は素晴らしい

 

そこでKさんは何かのコラムで読んだ、元タレントの島田紳助さんの話をし始めました。

 

紳助さんが芸能界で活躍していた頃は、どこかへ食べに行くと決まって全員分紳助さんがお金を出していたそうです。

 

その中には早く帰りたい人もいたかもしれない。けれども、紳助さんがお金を出す手前みんな最後まで残っていたのです。

 

今現在、紳助さんはそういう付き合いはもう辞めて、飲みに行っても早く帰りたい人は帰る。それはみんなが割り勘だからだ。

稼いでいる人もそうでない人も、老いも若きも対等でいられる関係。

 

割り勘は素晴らしい、という事を言っていました。

 

金持ちは仲間をなくす

 

そしてKさんは「金持ちは仲間をなくす」のは本当だよ。と教えてくれました。

 

金持ちはお金に汚いから仲間をなくすのではなく、人と対等な関係が築きにくくなるからの様です。

 

自分がお金を持っているからと言って、人の分までお金を出していると、その関係は長くは続かないと。

 

Kさんもお金持ちですが、10年以上付き合いがある友人はみんな割り勘との事。

 

お金持ちは、奢ったり奢られたりしているかと思ったのですが、とっても意外でした。

 

敢えての割り勘

 

私は、実はお金を持っている人が割り勘なんてセコイと思っていたんですよ。

 

でもきっと、彼らにとってはお金を出す事は簡単だけど、対等な人間関係を遵守するために敢えて割り勘なんだなぁと目から鱗でした。

 

私自身は、たまに人に奢る事もあります。

何か貸してくれたお礼とか、荷物を運んでくれたお礼とか、遙々地元まで来てくれたお礼とか、理由があっての奢りが多いですね。

 

〇〇は今仕事をしていないから、ご飯くらいご馳走してあげようかな、、とか思う事もあるのですが、やっぱり対等な関係を長く続けたいのならばそういう理由では奢らない方が良いんだなぁと。

 

ただ、男女の奢る奢らない論争はまた別の話で、デートに誘った男性は女性に奢ってあげて欲しいとは思います。

 

それは、同一の男女間が恋愛モードでいられる期間は、結構短いのでね。

 

おごらせてるだけじゃ、そのうち誰もいなくなるよ。

 B'zの稲葉さんも言ってるように、おごらせてるだけじゃ、誰もいなくなるし、奢ってばかりでも嫌になっちゃう。

 

割り勘否定派から、割り勘肯定派に早変わりした私なのでした。

『裸でも生きる』を読んで。気持ちに喝!!

マザーハウスというバッグブランドを立ち上げた女性起業家。

 

山口絵理子さんの本「裸でも生きる」を年末から年始にかけて読みました。

 

 

裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)

裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ (講談社+α文庫)

 

 

 

きっかけは、ブログ仲間のNanaさんが、「ミキコさんが読めば、参考になるかもしれません。」とお勧めしてくださったからです。

 

Nanaさんのこちらの記事は、私のお気に入り。

夢が現実になった日。【ジンギスバルまーさん】 - 風はいつも追い風。

 

本を読んで、少しだけ下がっていた気分を持ち直す事が出来ました。

目次

 

 

出来るか出来ないかよりも、やるかやらないか

 

読む前は、バッグ職人が自分のブランドにいかに付加価値を付けて売れる様にしたか、、という話だと思ったのですが、見事に外れました。

 

まず、山口さん自体が起業した時に、バッグの知識がほとんど無く。

 

もう全てが行き当たりばったりで、人に騙されたりパスポートを盗まれたりしながら、諦めずに自分の目指す方向だけを見て次々と行動していく。

 

それに比べれば、私なんて場所は日本だし、長年やっている仕事の延長にある起業だし、何を悩んでいるんだ、、と思いましたよ。

 

出来ない事をあげれば沢山あるけれども、やってみなきゃ分からないし、壁に当たった時に考えれば良いんですよね。

 

不安を超えて踏み出す

 

何かを成し遂げたいと思う気持ちの強さと、その「夢中」がもつ「無感覚状態」は、様々な信号(例えばこれをやったら危険だよ、とか、これだったらリスクが高いよ、などと言ったこと)を見えなくさせてしまうのです。

中略

誰しも不安や恐怖心を抱えながらも、それよりもちょびっと勝る、一歩踏み出す魅力を心でかんじるからこそ頑張って踏み出すのではないかなぁと思います。

 

 

これ、すごく良く分かります。例えば、私が顔出しして本名を出したのも、普通の精神状態なら出来ないですもん。

 

今は、自分自身の夢に夢中になっている状態だから、「怖い」よりも「成し遂げたい」という思いが少しだけ強い。だから出来るんです。

 

ちなみに、旦那は見ていないと思っていたら私が本名でツイッターをやりだした事に気付いていました(笑)

 

ブログもまたコッソリと読まれている可能性もあるけれど、何も言わないで見守っていてくれるだけで感謝です。

 

幸せな環境にいるのに、なんでやりたい事をやらないの?

 

日本に生まれただけで、世界的に見てもかなり恵まれていて。

今のままでも幸せなんだけど、でも心の中から湧き上がってくる声に耳を傾けると、、。

 

やっぱり私は、やりたい事が沢山ある。その1つが自分の思うサロンを作る事。そこで女性を癒して元気にする事。

そこから、まずは始めたい。

 

他人にどう言われようが、他人にどうみられ評価されようが、たとえ裸になってでも自分が信じた道を歩く。

 

 私よりも、もっともっと過酷な状況で夢を実現させた山口さんの本を読み、落ち込んではいられないと気持ちに喝が入りました。

 

本音で生きろ、2018。

今年の抱負。

 

「本音で生きる」です。

 

欲しいものを要らない振りをしたり、要らないものを欲しいと言ったり、好きなのに嫌いと言ったり、嫌いなのに好きと言ったり。

 

女性には、仲間外れにならない様にと周りに合せるDNAが刻み込まれているんだと思います。

 

私自身も思い当る事が多々あり・・・。

でも、本音で生きていないと欲しいモノはいつまで経っても手に入らないし、理想と現実は離れる一方だとつくづく思いました。

 

そして、周りに合せてばかりいると、自分の本音すら分からなくなってしまう。

 

今は個人の時代が来ているので、本音を言って仲間外れになっても、新たな仲間がすぐに出来る様になっているから大丈夫なはず!と自分に言い聞かせています。

 

目次

 

 

見ていてモヤっとするのは羨ましいだけ

 

自分の本音に気付く方法の一つ。

見ていてモヤっとする人になる。

 

例えば、私は「美魔女」と呼ばれる人達にモヤっとしています。

「いい歳して、美容の事ばかり考えるよりも他にやる事があるのでは?」とか、「若作りするよりも、年相応に皺とかシミとかを受け入れた方が良いんじゃないの?」とか。

 

あと、すごく稼いでいる起業女子にも、以前まではモヤっとしていました。

「そんなに稼いでも使いきれないのに。」とか。

 

でも、本心は羨ましかっただけ。

それに気付かずに悪口を言ってるばかりでは、さらに現実が理想と遠のくと気付いたから。

 

モヤっとしたときは、自分もそれをやれば良いんです。私も「美魔女」と呼ばれる人の様に綺麗になりたいし、稼いでいる起業女子の様になりたいと認めます。

 

そして、さらにその先にあるものを手繰り寄せたい。これが私の本音。

 

自分の心の声に従う

 

外野の声よりも、自分の心の声に従う事。

 

何かを始めようとすると、当然の様に周りから否定的な圧力が加わります。そういう事を耳にしたり、目にすると私も怯む事があります。

 

本音では「やりたい」と思っていた事でも、誰かの一言で諦めてしまう。

でも、その誰かが自分の人生の責任をとってはくれないでしょう。しかも、やった事がない人に限って否定的な意見を言ってくるんですよ。

 

多分、何かにチャレンジしている人が羨ましいだけですね。

 

それをやった時に、身内が不幸になるかもしれない場合よく考える必要がありますが、本当にやりたい事ならば、何らかの手立てはあると思いますし、やるべきだと私は思います。

 

おまけ

 

ちょっとこちらの写真を見て頂きたい。

  

 

今日の 私です。

 

自分で撮った写真なんですが、化粧と顔の角度と、フィルターで顔を白くしたら、先日の写真よりも美人風になってません??(笑)←あくまで私比です。

 

そうでもないよ、という意見は置いておいて。

 

今、アイコンにする写真を考えているのですが、あまり詐欺すぎて実物と離れていてもアレだし、素だとイマイチだし(笑)

 

難しいですね。

あ~どうでもいいけど、シワをとるボトックス注射をやりたくなってきました(笑)

 

最大の失敗は何も挑戦しない事

セラピストとして働く人のほとんどは、「自分で仕事をしたい。」潜在的には思っています。

 

何故ならば、雇われていてもあまり稼げないからです。自分の身体さえあれば、仕事は可能であり、開業はだれでも簡単に出来ます。

 

店を出したいと思っても行動する人も少数だし、その中で成功する人は本当に一握り。

 

この前も、マネージャーに「〇〇さんは、自分で店をやろうと思わないんですか?」と質問したら、「僕はここに入る前に、友達と2人で店をやったんですけど、集客出来なくて・・・。」なんて話してくれました。

 

普通にやっていたら、普通に失敗する事は、よく分かっています。

 

それでも、最大の失敗は挑戦すらしない事だと思うのです。

 

挑戦しないと後悔する

 

f:id:fuufu2:20171005210017j:plain

私がこのまま、自分で店を持つ挑戦をしなければ、多分死ぬ間際に思うはずです。

「もっと冒険を人生でしておけばよかった。」って。

 

もし、開業してうまくいかなかったとしても、その後の対策はそれから立てれば良いですし。

やらなければ、ずっと後悔が残ってしまうのです。

 

恋愛でも、若い頃、告白してみごとに振られた事がありました。当時は、告白なんてしなければ良かったと思いましたが、今ではいい思い出です。

 

やらない後悔よりもやった後悔の方がよっぽどいいです。

 

お金は取り返せるけど、時間は取り返せない

 

私は、今37歳。来年には38歳になります。

決して若いとは言えないけれども、私の人生の中では、今日の今この瞬間が一番若いのです。

 

店のリノベも、なるべく自分でやろうと思ってますし、気力も体力も精神力も今の私ならば持ちこたえられると自負しております。

 

リノベ代は、30万円くらいと決めているので、万一失敗してもすぐに取り返せる金額です。

 

逆に、人生の中でお金って一番取り返しやすくないですか??

 

成功する為には

 

施術が上手ければ集客出来る、なんてのは大間違いで、大切なのはマーケティングです。

店に来て欲しい客層、ターゲットなどもうすでに決まっています。

 

顔出し、本名出しもマーケティングの一環です。リスクよりも、集客で考えたら絶対に顔は出した方が良いと結論付けました。

 

それだけで成功するとは思っていませんが、一つ一つの行動を積み上げて自分を出し切ってやりたいのです。

 

そこまでして、成功したいの??と思われるかもしれません。でも、自分の人生を自分で舵取りして、常識の一歩外へ自ら出たい。

 

それには、捨て身になるくらいの覚悟を持たないと自分の望む未来は手に入らないと思っています。

 

失敗しても、そこまでやっての失敗ならば失敗ではないはずです。

 

顔を出し本名を名乗ります!!覚悟を決めます!!!

・・・・という訳で写真。

 

昨日、東京へ旦那と行ってきました。

浅草で「サロンが成功します様に!!」と願った後に、旦那が「俺についての願いはないの??」と言ってきたので

「〇〇が健康で1年過ごせます様に。」と付け足した後の一コマです(笑)

 

私の本名は三樹 菜緒子(ミキ ナオコ)と言います。

昭和55年4月7日産まれの37歳です。

 

目次

 

顔を出し本名を名乗る覚悟

 

交流させて頂いているA1理論さん(id:A1riron)が「この本読むと良いよ」と勧めて下さった本

 

ノマドワーカーという生き方

ノマドワーカーという生き方

 

 この本の中に、顔出し、フルネームを公開する事で責任の所在を明確にするという事が書かれていました。

実際に私のブログ仲間でも、フリーで活動している人は、顔出しして本名を名乗っている事に今更ながらに気付きました。

 

はてなブログを書いていると、ネガコメの様なものを頂く事もあり、「実際私が目の前にいたら言えない癖に、匿名だからってこんな失礼な事書いて!!」なんて憤慨した事もありましたが、実際書いている私自身が匿名で記事を書いているので、人の事言えないな、、と今は思います。

 今までは、顔出し本名出しについて意識していませんでしたが、これを読んでから自分もそうしようかと迷いが生まれました。

 

流れに沿って生きる

 

この本を読んで、「本名と顔出し」を考え始めた瞬間に、不思議な事がおきました。

 

最近、不思議な縁から知り合った仲良くなった女の子に「ミキコさん」と急に呼ばれたんです。

 

彼女は、ネットの私の事は知らないし、この前まで「ナオコさん」と私の本名で呼んでいたのに。

 

苗字が三樹なので、間違えない事もないのですが、「ミキコさん」とリアルな知り合いが間違えた事は今までで1度もありません。

 

ギョッとした私の顔を見て「ごめん!!名前間違えちゃった。」とすごく申し訳なさそうに謝ってくれました。

 

「いやいや、私、ツイッターとかでミキコって名乗ってるから、なんで知ってるんだろうとビックリしたんだよ~。」と笑って答えたら

「私、なんでミキコさんなんて言ったんだろう。」と不思議がっていました。

 

ちなみに彼女はヨガの先生で、インドの子供から「パール(女神)」と呼ばれていたそうです。

 

この出来事が丁度1週間前ですが、もうそろそろリアルとネットを混ぜていく必要がある、、と強く思いました。

 

本名も顔出しも少し怖いけど

 

このブログはまだ100PV/日くらいで、しかも読者は会った事がある人がかなり含まれているので、顔出しと本名出しをしかたらと言って、何かがガラッと変わる事は無いと思います。

 

それでも、勇気を出したら必ずその先に何か得られるものがあると確信しています。

 

 

12月26日 東京スカイツリーの下で。旦那撮影。