読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストミキコの店長奮闘記

リラクゼーションチェーン店で店長になった私の日記


天職の見つけ方

「自分の天職ってなんだろう??」「もっと自分に合った仕事があるのではないだろうか。」と多くの人が悩む問題ですよね。

 

天職とは「周りから応援されていて続けられている仕事」ではないでしょうか。

 

私は、セラピストという仕事が今の私には天職であると、自信を持って言えます。

この先、生きていく中で他の仕事に就く可能性は大いにありますが、「今の私には」という所がポイントです。

 

私が考える天職の見つけ方を今日は書きます。

 目次

 

人から褒められる事

f:id:fuufu2:20170319213624j:plain

特に、昔から「マッサージが上手!!」なんて言われた事はありません。

ただ、私はかなり昔から「ミキコちゃんがいるとホッとする~。」とか「癒される~。」とかなり言われていました。

それって、のろまでドンくさい性格を含んでいるのですが、短所と長所は紙一重なのです!!

だから、私は人を癒す性質が元々備わっているんだと能天気なほどに考えています。

誰でも何か1つは褒められる事があるはず。それを突き詰めていけば、天職に辿りつくのですよ。

他には、学生時代に作文を褒められていたので、仕事ではありませんが、こうして文章を書いています。

 

天職が誰かのサポートという事も

 

天職というと、「何者かにならなければいけない」と思いがちですが、誰かのサポートをするというのが天職の人も沢山います。

私のお姑さんはずっと専業主婦なのですが、そのサポート力たるや目をみはるものがあります。

職場でも、スーパーサブみたいな人はある意味店長よりも力を持っていたりするので、侮れません。

 

応援されていて続けられているもの

 

セラピストとして働き始めて8年の間に、いろんな理由で店を4回変わっています。

その間には、ダブルワークをしていたり「もうこの仕事を辞めてもいいかな。」と思った事もあります。

でもその度に、条件の良い店がすぐに見つかったり、今では家のかなり近所に店が出来てそこで働いていますし。

大袈裟に言うと、「天から応援されている」と実感しているのです。

 

お客様や他のスタッフから応援されているのも、天職の部類ではないかしら。

 

逆に半年以上経つのに、居心地の悪い職場は、「離れろ」のサインだと考えられます。

 

直感を信じて行動

 

私は見えない気とか、そういう類のモノを信じています。だから、ふと思った事はどんどんチャレンジしたら良いのです。

それが、成功するとか失敗するとかは、問題ではなく「行動する」事が大事なんじゃないかと。

失敗しても、次につなげる為に行動を起こす事で、どんどんアクティブになっていき、成功に近づくのだと思います。

 

ちなみに、私は最近「アロマについて学びたいな。」とふと思ったので、これから勉強する予定です。

天職の見つけ方は行動があってこそ!!どんどん行動を広げましょうね。