セラピストミキコの開業までの道

春までに女性専用のサロンをつくります

トイレのタイル補修

今日は、サロンのトイレのタイル補修をしました。

 

30年間使われていなかったトイレなので、壁のタイルにヒビが入っています。

 

目次

 

 

タイル補修

 

 

こんな感じ。白いのは結露による水垢の様ですが、なかなかとれません(汗)

 

使うのはこちら。

浴室タイル用セメダイン バスコークNです。タイルの色に合わせて黒を注文。

 

セメダイン キッチン配管 防水シール バスコークN 50ml 白 HJ-146

セメダイン キッチン配管 防水シール バスコークN 50ml 白 HJ-146

 

 

付属のマスキングテープをヒビの周りに貼ります。

 

貼り方が雑ですが(笑)

 

こんな感じで埋める。

 

そして、マスキングテープを外すと・・・・。

 

 

こんな感じでヒビが埋まりました。そんなに綺麗じゃないけどね・・・。ヒビよりは目立たない。

 

 

目地補修

 

続いて、床の目地(タイルとタイルの間の白いやつ)がはがれていたので、こちらも補修しました。

 

ビフォー

床です。

 

使ったのはこちら

目地材。東急ハンズで購入。

 

これ、めちゃくちゃ難しかったです。粉を自分で水を入れて練るのですが、硬さが全然分からない。

 

そして、目地材を溝に入れた後にタイルを拭きあげるのですが、一緒に目地材まで拭き取ってしまう・・・。

 

アフター

綺麗な所は、こんな感じで出来上がったのですが、練った後に水を加えたので、恐らく固まってない気がします。

 

使わずに残った目地も、固まらずにボロボロになってましたし。

 

次にやり直す時は、ヒビ埋めに使ったバスコークNの白を注文して目地補修しようかな。

 

古いトイレは素敵

 

トイレの掃除を頑張っていると、トイレに愛着が出てきます。

もぅ、トイレにキスしたいくらい(笑)

 

初め見た時は、汚くて古いトイレの印象しかなかったんですけどね。

 

 

床と、壁の下半分はタイルになっています。

 

昔のタイル職人さんが、一枚一枚丁寧にタイルを張ってるんですよ。

今は、ほとんどタイルシートじゃないですか?

 

古いモノはカッコいいんです!!本物で素材がいいの。

 

そんな訳で、店作りを頑張ります。

 

 

 

 

広告を非表示にする