セラピストミキコの店長奮闘記

リラクゼーションチェーン店で店長になった私の日記


店舗ミーティング。思いはなかなか伝わらないけれど。

昨日の店舗ミーティングにて。

 

連絡事項と共に私がこの1ヶ月体感してきたことを話しました。

 

指や手を傷めないために、長く続けるために知っておきたい!|5年以上続くサロン開業!強もみに疲れたセラピストのための技術見直し講座

 

 

・手の感覚を研ぎ澄ませてコリを見つけること

・強おししなくても、ポイントさえ合っていれば満足させられること

・強おしは、私達セラピストにとってもお客様にとっても良くないこと

 

そして、力一杯やらなくてもお客様を満足させられると手応えを感じている事など。

 

講座で、マリさんが話をしてくれた時は私も含めて4人のセラピストさん達は、真剣な眼差しで話を聞いていました。

 

だから、同じ内容を私も店のスタッフに話せばみんな興味を持って聞いてくれるはず!!とミーティング前から意気込んでいました。

 

時間もそんなにないので、簡単に内容をまとめた自作のプリントも用意。

 

店舗ミーティングで、いざ、その話をすると・・・。

 

あれ??なんかみんなの反応が薄い・・・(汗)

 

強もみで指名をいっぱいとっているスタッフは、話を右から左へと流しているし。

 

他のスタッフも(それは理想論だ・・・)みたいな空気が流れている。

 

なんか話し終った後、ちょっと落ち込みましたね。

「誰も私の話を真剣に聞いてくれない!!もう店長なんて辞めたい!!」なんて。

 

でも、一晩経って、(今まで圧をもっと入れて!!)と言われてきた人達からしたら急に私がそんな話をしたところで受け入れられないのは当たり前だよね、、と思いました。

 

思いは、口で説明したってなかなか届かないけれども、やっぱり諦めずに私が行動して結果を出していくしかないんだなぁと。

 

そして、そんなに結果が出るなら、自分も真似したいと思ってくれるようになるのが一番ですね。

 

でも、折に触れて「強さじゃなくて、ポイントだよ。」という事は言っていきたいです。