セラピストミキコの開業までの道

春までに女性専用のサロンをつくります


『潤うからだ』女性の身体のDEEPな話をしようと思う

ちょっと前に読んだこちらの本。

ワニブックスさんから出版されていた『潤うからだ』

 

 

帯の文章を読んでも分かる様に、ブログには書き辛い内容で(笑)

でも、タブー視されているからこそ、私が知らなかった事が沢山書かれていました。

 

この記事を書くにあたり、私自身の事も勇気を少しだけ出して書いていきます。

目次

 

膣の潤いと弾力

私には、大好きでとっても仲が良い旦那がいます。

これを書くととっても驚かれると思いますが、カミングアウトします。

私達夫婦は「○○○レス」夫婦です。

 

こんな夫婦あんまりいないよな~、なんて数年前までは思っていました。

が、最近「夫の〇〇〇が入らない」という本がベストセラーになる辺り、実は表立ってないだけで結構ある話なんだと感じています。

 

私達夫婦がこういう感じになった初期の原因は、「膣の潤いと弾力不足」だったんだなぁとこの本を読んで思いました。

私のサイズが小さいからだと、滅茶苦茶ポジティブに考えてました(#^.^#)

そして、「痛いのは可哀想だから」と優しい旦那が幸か不幸か遠慮してくれたお蔭で今に至るって感じですね。旦那の前に付き合っていた人とは、無理して頑張ってました。

 

旦那は性欲があまりないタイプの人間なんですよ。でもずっとモテる。そういう人に限って(笑)

 

膣まわりのケア

 

こんな感じだから私の膣まわりの意識は低く、お風呂から出た時もタオルでパパっと拭いて、そのままササっと下着を履いて終了。といった感じ。

 

それでは膣がますます老化するそうです。

もう使う予定もないから、老化してもいいや、、なんて思う人もいるかもしれませんが、「粘液力は免疫力」だそうで、膣の粘液が乾いてくると女性ホルモンの低下につながり老けてくるそうです。怖い!!

 

この本には、洗浄、保湿、オイルマッサージ、トレーニングについて書かれています。

 

セクシャルセルフケアのすすめ

 

結婚はしていない、付き合っているパートナーもいない、私達夫婦のように結婚していてもしない夫婦もいると思います。

 

そういう人は、心と体の健康を考えると自分でセクシャリティを起こした方が確実に健康的です。

 

余談ですが、私、自分の開く予定のサロンに、膣まわりのマッサージのコースも選べるようにしたいと思ってるんですよ。骨盤底筋群マッサージっていうやつ。

 

風俗は行きたくないけど、マッサージの延長でそういう気持ち良さを味わいたい女性もいる気がしますし。女性同士なら安心でしょ。(女性限定サロンの予定なので)

 

そんな事を考えるきっかけをくれたのも、この本のお蔭。女性の方には全員に読んで欲しいです。

 

旦那へ

もう私のブログは読んでないと思うけど、もし見てしまったらごめんなさい。

夫婦の事をアレコレ書いてしまいました。

 

でも、「1日1回はお互いの身体に触れる事が夫婦には大事なんだよ。」と言って実行してきてくれたから、私達は仲良くやれているのだと思います。いつもありがとう。

 

 

怒るのは苦手

私、店長になってからもスタッフを真剣に怒ったり、叱ったりした事って一度もないんです。

 

施術や業務に関して、「こうした方が良い」とかアドバイスをすることは沢山あるけど。

 

怒ったり叱ったりする事って凄く苦手なんですよ。

 

謝ってきたら許しちゃう

 

先日、シフトに入っているのに、勘違いして来なかったスタッフがいたんです。

私が帰る時に、その子が来る予定だったのですが来なくて・・・・。

 

しかも、その子の指名のお客様がすでに来店されていて、ピンチの状態に!!

 

お客様は「もうそんないい加減な子は指名しない。」と怒ってるし、帰る予定だったけど、その子の変わりに私がそのお客様の担当で入る事にしました。

 

その日は5人のお客様を終えて、帰る瞬間に120分のロングコースに入らなければいけなくなり。(夜勤明けの旦那が家で待ってるし)

 

流石の私もその瞬間は、来なかったスタッフに対してワナワナと怒りが湧いてきました。

 

でも、施術を終えたらお客様も喜んでくれたし、間違えたスタッフの子もLINEでお詫びと着信も残っていたので、施術後には怒りも飛んで「もういいや。」という気持ちになっていました。

 

謝って反省しているのに、追い打ちをかけて店長面するのもなんか違うよなと(笑)

 

怒らなくても伝えられる

 

昔は、言いたい事を飲み込んだり、溜め込んで爆発したりする事がありました。

 

今は、怒らなくても自分の感情や思いを伝えるスキルが上がったんだと思います。怒りを飲み込んでいる事もあまりないです。

 

まぁ、怒らずに感情を伝える事が嫌味っぽくとられる場合もあるかもしれないので、これがおススメとは言えないのだけれど。

 

私、ちょっと冷めてるのかも(笑)

 

喜怒哀楽を出せる人も魅力的

 

私は、感情の波を大きく表に出さないので、安定していると言われます。

 

家族である旦那には怒ったりするのですが、外ではあまり出さないです。

怒るってエネルギーがいるし、相手との関係が悪くなる可能性があるので、私はそれを恐れているのかなぁとも思います。

 

 

怒ったと思ったらケロっとしていて、よく泣いたり笑ったり出来る女性も魅力的ですね。

 

 

夢が叶わなくても努力は報われるから。

最近の私の頭の中は、自分の店を持つ事でいっぱいです。

 

想像してワクワクすると同時に、とっても不安な気持ちになる事も事実。

 

「全く集客出来なかったら。」とか思う訳ですよ。

 

でも、たとえそれが上手くいかなくても、努力は必ず報われるし、自分の身になると断言できます。

 

努力をする人は少数派

 

私、セラピストとしての歴は8年くらいと長いのですが、全然勉強をしていませんでした。

勉強をしていないというのも気付かないし、ほとんどの人は、お客様の施術が一通り出来るようになると、もうそこで満足してしまいます。

 

今年に入って、セラピスト検定をとったり、その後店長になったので勉強の為にスクールに通ったり。

 

1年で、施術の腕がかなり上がったのを感じます。

努力し始めて初めて、今まで努力を全くしていなかった事に気付きました。

 

同じ仕事場の人でも、本当に努力している人は、やっぱり自分の店を持ちたいという人が多いですね。

 

逆に、夢がなくては努力も難しいんだと思います。

 

声がかかるようになった

 

今日は会社の人に「トレーナーをやってみない??」と言われました。

トレーナーというのは、未経験で入った人に施術を1から教える係です。

 

これ以上忙しくなるのは絶対に嫌ですし、開業の為の準備もしたいので、お断りしましたけど。

 

先日は、スクールの校長に「店長職の募集が来てるんだけど、やってみない?」と言われました。

 

私が今現在すでに店長である事は、なんとなく言いそびれましたが断りました。

 

1年前では全く考えられなかったのですが、いろいろと声がかかるようになりました。

 

以前ならそういう声に「自分には絶対に無理!!」とか「声がかかったなんて私って凄いかも。」とか心の中でいろいろ思ったりしたはずなんですが、今は全くの平常心です。

 

努力すれば何処かには繋がる

 

今年の初めに、ブログで稼ごう!!という計画を立ててたんですよ。

それは失敗に終わったし、もう今はそんな気持ちは無くなってしまったけど。

ブログの本を読んだり、サブブログを作ったりした事は無駄じゃなくて、これから作ろうとしているサイトの参考になっています。

 

多分、私の今の夢が夢のまま散ってしまったとしても、「トレーナー」になったり「店長職」にはいつでも就けるくらいになったので、全くの無駄ではないですよね。

 

だから、夢が叶わず今の頑張りが無駄になるかも、、なんてあれこれ考えず、思うようにひた走ってしまえば良いのです。

 

一度きりの人生ですもんね。

 

 

 

 

 

人体について学ぼう

新しい技術を学びたい!!というやる気のあるセラピストの方々、沢山いらっしゃいますよね??

 

私もその一人で今学んでいる中国式のツボを主とする施術が終ったら、昔やっていたオイルトリートメントについても、新たな手技を取り入れてもう一度習いたいと計画をしています。

 

けれども、技術を学ぶ事以上に大事なのが、人体の構造や生理学について勉強する事です!!

f:id:fuufu2:20171004092148j:image

 

(私の読んでいるお勧めの本です)

続きを読む

私の新たな夢

私、新たな夢が出来ました。

 

以前、別のブログに「ブログで稼ぎたい」という目標を書いていて、あまり叶っていないので、またブログに書く事は差し控えようと思ったのですが(笑)

 

書いた方が叶うという話もありますので、書いちゃいます!!←説得力ない

 

「自分のサロンを持つこと」です。

 

セラピストとして働いて長くなればなるほど、自分の店を出す事がどれだけ大変か、ほとんどの人がサロンを持っても上手くいかず、店を閉じている現実を知って、自分には無理だ、勤めている方が楽だと考えていました。

 

でも、ここ半年ほど店長として働いてきて、いろいろ勉強していく中で、もっと自分のやり方で施術をしたい、お客様がより良くなるアドバイスをしたい

と思うようになりました。

 

組織で働いているとどうしても限界があって・・・・。

 

セラピストだけじゃなくて、他の業種にも言える事だと思いますが。

 

すぐに独立!!という訳ではなく、今勉強している中国式のツボを押す施術をマスターする事、

あと、もう一つまだまだ参入者が少なくて、満足度が高い施術を最近知ったので、それを習得したいと思っています。

 

セラピスト以外でも、自分の仕事をしている人と話す機会が増えて、1度の人生だからやりたい事はやったもん勝ちと強く感じています。

 

でも、まだちょっと準備が必要なので、今は店長として店を切り盛りしていきます。

 

店長職に就いた時は、すごく自分ばかりが損をしている気分でいたけれども、ここで学べる事は多いので、今この置かれている場所をいい加減にせずに過ごしたいです。

 

5月にお会いして、ずっとメルマガを読ませて頂いている、まりさんのメルマガに

お客様と長くお付き合いしていく10の秘訣(私の場合)というのがとても良かったので、皆様にシェアします。

 

①来てほしいお客様を明確にすること
ターゲットを絞るとはよく言われていますね。やはり大事です!

②施術を受けることだけを来る目的にしない
セラピストは、治すことは出来ないので、施術以外のことがとても重要です。

③以前との比較をする
お客様が、自分では気付きにくいことを伝えています。

④また来る理由を伝える
なぜ?いつ?どんなときに?

⑤感謝の気持ちを伝える
お出迎え、お見送りのとき、常連様には改めて。

⑥自分のことも話す
お客様にも自己紹介、想い、ビジョンなど。

⑦お客様は育てていく
一緒に成長していくイメージ

⑧依存させない
不安をあをらない、決めるのはお客様です。

⑨サロンの外でもセラピスト
どこで未来のお客様に、見られているか分かりませんので。

⑩おたがいさま
お客様は、自分の鏡。

素敵ですよね(^^♪

 

まりさんのブログ

 

強もみできないセラピストがお客様から指名される!手を傷めず長く続ける方法

【体のほぐし方】筋肉に対してのアプローチの仕方

*セラピスト向けの記事になります

 

前々からハッキリと掴めなかった事。

 

「筋肉の向きに沿ってほぐした方が良いのか、それとも筋肉の向きに逆らってほぐした方が良いのか」

 

ということ。

 

アマゾンで見ていたら、人体模型の全身タイツがありました(笑)

 

monoii 人体模型 全身 タイツ コスプレ 衣装 コスチューム 508

よ~く見ると、筋肉には方向がありますね。

 

よく言われるのは、「筋肉を切るようにほぐすと、繊維が切れてもみ返しになるから沿って施術しましょう。」と。

 

でも、切るようにほぐした方が効いている感じがするし、お客様も「効くね~。」と喜んでいる事もあり、迷っていました。

 

それの答えがやっと出ました。

 

それは人によって使い分けるというもの。

 

筋肉に沿って施術をする人

 

・揉み返しやすい

・細い

・体が冷えている

 

とにかく揉み返しやすそうな人は、沿って施術

 

筋肉に逆らって施術をする人

 

・張りすぎて、筋肉に沿ってやっていたら時間がかかりすぎる人

・揉みなれている

・強め希望

 

そして、その為には主要な筋肉だけでも方向を頭に入れておかなければいけません。

部位によって切るか沿うか変えても良いです。

 

小手先のテクニックではなく、解剖学を学ぶ事が如何に大切か感じています。

暑いからって下着を付けずに仕事をするのはあり??

先日、昼過ぎに職場に行ったら2人のスタッフから

「Tさんが、ノーブラで仕事をしてるの!!」

 

「完全に傍から見ても、ポチポチが見えて下着を付けてないのが丸分かり。」

 

「私達が注意しても、Tさん聞かなくて。今、絆創膏を付けて仕事をしている。」

 

「お客さんに触れる仕事だし、一緒に働いている私達までが変な目で見られたら困る。」

と口々に言われました。

 

店長である私から注意をして欲しいと言われました。

 

Tさんはかなりふくよかな体形をしており、胸も大きくてブラジャーをすると暑いので外しているそうです。

 

少し前にTさんが、汗だくで仕事をしていたので、「汗がすごいですよ!!着替えた方が良いです。」と言った事もあるけれど、

 

「ブラジャーを付けて下さい。」と1周り以上の女性に注意するのも気が重い。。

 

というか、バンドエイドを胸に付けて仕事をしているの所で、大爆笑してしまい、笑い事ではないという空気が流れたり(笑)

 

海外ではブラジャーを付けてない人も沢山いるけれども、日本だとこうも問題になってしまうのね、なんて。

 

頭ごなしに「ブラジャーを付けろ。」では拒否反応を示されるし。

相手の言い分を聞き、どうしても暑くて嫌ならばせめて外から分からないようにして欲しいという話をしようかと、シミュレーションをしつつ職場に向かいました。

 

う~ん、気が思い。

 

そして、噂のTさんが出勤してきて胸の所を見たら、ブラジャーの線があったのでホッと一安心。

 

今日はノーブラじゃなかった(笑)

 

でも、ブラジャーの線は卑猥ではなくノーブラは卑猥なんて、凝り固まった信念なのかもな~なんて思いました。